テーマ:沢登り

沢登り 千ヶ峰三谷渓谷

兵庫県の千ヶ峰、三谷登山道に沿う三谷渓谷です。 初めての沢で毎度ですがドキドキ、楽しみでした。 天気は快晴、焼けるような陽射しです。 メンバー Kさん、Mさん、Mさん、Tさん 計5名。Tさんは沢登り初めて。 朝9時、三谷登山口からスタート。 駐車場広くて、トイレあり、いい環境♪ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わいわい沢練(2018-沢6回目)

沢好きメンバーが増えてきました。 沢登りは楽しい、あぶないが隣り合わせ。 いろいろ覚えようと聞いてくれるので、自分の勉強になります。 女性のほうが度胸があるんだろうなあ。 大丈夫か心配しながら見てるけど、へっちゃらじゃないか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

那岐山 B沢遡行

7月某日 豪雨以降ほとんど雨が降らず、暑い夏になりました。 那岐山 淀川支流B沢です。 takashiさんと、今回初めてご一緒するひ〇ちゅーさん。 若くて勉強熱心なお兄ちゃんです。 体格にも恵まれてるので、いい突破野郎になるかもしれません(笑 蛇渕の滝。 B沢出合の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わいわい 沢練

いつものとこで練習しました。 先日初沢登りだったただっちがいろいろ学んでってくれました。 仲間が増えるのはうれしいこと。 でも事故のないように。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わいわい 引原川支流兵谷(2018-沢3回目)

沢登り初めてのYさん(女性)をご案内。 兵庫県宍粟市、引原川支流の兵谷。 昨年ちょっと下見に行ったところです。 登れる2~5m程度の小滝が連続していて、巻きも容易だという記憶でした。 はたしてYさんは楽しんでくれるんかなあ??という ちょっとしたプレッシャーなんかもありましたが、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わいわい山乗渓谷(2018-沢2回目)

今夏初めての沢登り、山乗渓谷へ行きました。 そういえば春に熊山の保々呂沢を少し歩いたので、2回目です。 メンバーtakashiさん、せっちゃん、べるささん、こばさん、ただっち。 シャワーにはちょっと冷たいので、巻きも多かったですが、 沢初参戦のお2人がいるので、安全対策の確認など交えながらのんびりと。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わいわい大山阿弥陀川(2017沢-13回目)

10月1日、おなじみの大山の阿弥陀川。 3年前は9月でも凍えた記憶がある。 肌寒いくらいの朝でしたが、シャワークライムでなければそれほどでもなかったです。 時間に制約があって時間内にぎゅぎゅっと収めたかんじになってバタバタでしたが、 いろいろ遊べておもしろかった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そろそろ秋…

稜線の風が冷たくなってきました。 那岐山北面の谷を徘徊。 誰もいなくて、自然のど真ん中ってかんじが心地よくも怖くもある。 きのこも出てきます。 お尻を打った。 だいじょうぶだいじょうぶと自分に言い聞かせたら、大丈夫だったけど、 いまはめっちゃ痛い。 気をつけてたところ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

引原川支流兵谷(2017沢-11回目)

2017年09月10日(日) 兵庫県の引原川で沢登り。 久しぶりに単独。 駐車地からすぐのアプローチで巻き道も明瞭。 水もきれいで、3~5mの小滝が連続。 7、8mの滝も問題なく登れる入門コース。距離も短め。 ただし、最後の大滝2段30数m、これを登るとなるとたいへんだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熊山油滝沢奥の15m滝(2017-沢10回目)

近場の熊山へ。 先日置いてけぼりとなったロープ取りに行かなくちゃ。 カビだらけだろうなあとか、あまり期待もせずに行ったのだけど、なんと見つからなかった。 ドピンクだし、結構探したので見逃しってことはないと思う。うーん無念…。 沢はこの15m滝で折り返した。 前回は最初から無理だろうと手をつけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香々美川右俣足谷(2017-沢9回目)

花知ヶ山と丑寅権現(ウシトラゴンゲン!)の間を流れる香々美川源流。 今回の遡行最奥の足谷の滝は標高900m付近とあって、とても水がきれい。 久しぶりに清流を体感しました。 メンバーTさん、Sちゃん。 遡行記録がほとんどなくてイチかバチかな沢登りでしたが、そんなのにつきあってくれてありがとうござ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山で泳ぐ!

なんでもなさそうな場所が、思いがけず神秘的な風景になっていた。 山の中でこんなふうに泳ぐなんて… 自然はすごい。山は楽しい!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わいわい沢登り(2017-沢8回目)

沢初体験のお2人をご案内~。 不思議とやる気に満ち溢れています。 クモの巣やだとか、危なそうとかそういうの大丈夫みたいです。 少々の滝はへっちゃら、10m超えるくらいでも 大丈夫です、やるやるって。 ぼくなんかよりよっぽど男前でした(笑 向いとる! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わいわい小田原川本谷(2017-沢7回目)

夏本番。 そうめんの美味しい季節、流しそうめんの気分が最高に気持ちいいです。 山グループの沢いきたい面々による山行。 沢登りはじめての方2名。 水の中に突っ込むぞと、一度覚悟のできたひとはなんの問題もなく沢遊びやれるようです。 水を被ったり、泳いだり、ロープで吊るされたり、攀じ登ったり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熊山油滝沢(2017-沢6回目)

熊山の沢。 近場すぎて期待値低めなかんじでなんとなく行こうか、とならなかったところであるが、 ちょっとやりたいって時に気軽に行けるならそれはとてもありがたいこと。 先週行くつもりだったところ、和気のほうへ行ってしまったので行けなかったのだが、 サンポさんがその後行ってみて、やはり意外にも(?)好評価。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和気八木尾谷(2017-沢5回目)

今回は練習。 降下途中の停止は登攀ルートの観察に有効。 いろいろ落ち着いてやれるようになる。 4番目の滝を降下後に登り返し。 離れた場所での支点設置とか。 より安全に、正確にやれるようにしたい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

段ヶ峰倉谷沢(2017-沢4回目)②

倉谷沢 つづき。 小滝をいくつか越えると、気持ちよい斜瀑二段。 二の滝手前は二俣に分かれる。右側も立派な滝が構えている。 左へ進み現れる二の滝 20mくらい。 轟音と水しぶきに圧倒されます。 この大滝を眺めながら大休止。 右岸の岩場をを巻き上がる。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

段ヶ峰倉谷沢(2017-沢4回目)

兵庫県の段ヶ峰、倉谷川を遡行しました。 メンバー べるささん、サンポさん、Gちゃん、自分の4名。 今回初参加のGちゃん、同じ年の友人なのだが、学校とかちがうしいったい何繋がりなのか妙なかんじ。 一緒に遊ぶとなると二十数年ぶりかもしれない。 そんなGちゃんが沢デビュー。山登りなんかもやったことな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和気八木尾谷(2017-沢3回目)

八木尾谷三の滝15m。 一人で登れるかやってみた。 一番下は釜が意外と深くて面倒だったりするので省略。 左端のラインを登ります。 二段目へは左岸壁伝いで上がれますが、1人なので、高巻き後に三段目右岸から支点をとってロープを出す。 少しハングしていて二段目から這い上がるのは難儀する。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小田原川本谷(2017-沢2回目)

兵庫県の小田原川本谷です。前回は2014年だったので、3年ぶりでした。 そんなに~??という感覚は何? やばい、時間が流れるのが早すぎる… 冬の大山に誘っていただいたtさんのお声かけで、四国から参加のsちゃんとで計3名で初夏の沢へ突撃です。 tさんとは今回で2回目です。スケジュールの空きが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2017 沢はじめ

5月31日県内某所 様子見がてら歩いてみました。 まだ寒いかなあと思ったけど、水量乏しく、 スタートにはちょうどよかったくらいです。 クモの巣との闘い。使い勝手の良い最強の木の枝を装備し、丁寧かつ効果的に払っていく。 油断するとひどいことになるから。 沢登り初挑戦のサンポさん …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大山地獄谷~鳥越峠~烏ヶ山

半年ぶりくらい、山を登りました。 Kくんと2人ですが、彼とも一年半ぶりです。 すっかりなまってしまってたら山なんか登れるんかい??と心配しました。 彼は大山滝の吊り橋をひとり走って渡り揺らすようなやつです。心配は無用でした。 おしゃべりしながらだらだらと歩いていきます。 午後からは雨予報…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和気町八木尾谷

雨が降らん降らんいうてた頃、えっといつだっけ?と確認したら8月終わりでした。 ぼっちで和気の沢へ出かけました。 沢はなにかと危険がいっぱい。気をつけましょう。 こける落ちるはもちろんですが、ヘビさんハチさんには愛想は通じません。 とか言いながら、飛び移った先にいた真っ黒ヘビさんにおどろいてこけた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽山渓不動滝

昼から遊ぼう。 割と近場で、あんまり行く人いなくて、なかなか景観よいところ、 そんな都合のいい場所ないだろうなあ。 名勝みたいなとこ行ってみる。 候補は羽山渓とか、西山高原の鈴木の滝。 どんなとこか?歩けるかすらわからないけど。 のんびりしすぎてちょっと出遅れたが、 こん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

播磨の沢 掛ヶ谷

沢登りです。播磨の掛ヶ谷。 私の職場の若い子らを連れて行きました。 この掛ヶ谷はべるささんの好きな沢です。センセになって引率してもらいました。 ツアーみたいですねえ、戻ってきたらどんなふうになってるか… 泳いだり 飛び込んだり ひとり一芸したり いらん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夏だ 沢だ

暑くなってまいりました。 昨年は色々ありまして、そういえば沢へ行くことができなかった。 今夏は昨年の分までとりかえせたらいいなあなんて思ってます。 誰か沢へさそってください。 ぱく父さん、暑い時は沢が気持ちイイんやでー、 と声かけたら意外とあっさりやってみるかあ だって。 べるささんと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地獄谷の夫婦滝

初めて地獄谷へ降りてみる。 この谷はいつかがっつり歩いてみたいのだが、 距離が長いので往復だとか、自転車デポとか考えるとまた今度と思ってしまう。 鳥越峠まで来たので、ついでに地獄谷へ。 ロープ場、苔石だらけの道に難儀しながら駒鳥小屋に到着。 古い小屋です。入口はワイヤーを巻いて留めてある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沢納め 大山阿弥陀川

9月の三連休、大山登山口は登山客で大賑わい。 川床も車が一杯で広い路肩に駐車。三連休の大山はすごいね。 気温17℃。寒いくらいだ。 今日、なんで沢なんだ?と自問したくなる。雨降ってきたし。 一時間ほど晴れ待ち。 川床登山口の橋から入渓。思ったより冷たくないけどあんま濡れないようにしよう。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

さわトレ 和気町八木尾谷

和気町 八木尾谷でわいわい沢練習しました。 短いコースにいろんな滝がぎゅっと詰まったような、練習にはいいところです。 が、とても清流とは言いがたく…というかこの日は濁流となってました。 前日の大雨で枝やらゴミやらが流されてきれいになってるといいなと期待もあったのですが、 駐車地にいても聞こえてくる迫力…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サワジョ

職場の子2人。 沢の写真を見せ(びらかし?)てたら、やってみたいと言う。(【め】ちゃん) 滝登れんの?と尋ねると、たぶん登れると言う。(【あ】ちゃん) 職場のほかの子らには、こういうおもしろさがなかなか伝わんなくて連れてったことはないんだけど。 へえ~~、なんて前向き。自分からしたら意外な2人なのでし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more