テーマ:大山

大山弥山(一ノ沢右岸稜~桝水)

3月25日 大山一ノ沢から山頂へ。 約一年ぶりに会うKさん。 ちょいちょいやりとりはするものの予定が合わず、なんだかこのまま会えないんじゃないかみたいに 思ってた時に、予定が合わせられました。 大山徘徊につきあってもらいました。 雪がもうなくなって、環状道路はアスファルト歩き、 道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大山地獄谷本沢

地獄谷に降下。 1ヶ月くらい先の雪のかんじですが、上のほうはそうでもなかった。 三本槍沢の様子。 隣の壁沢の突き当りが槍尾根、東壁。 三本槍の中の沢を見ると、 中ほどの滝がすっかり雪に覆われていました。 3月半ばであればここを通過できるようです。ここはまたの機会に。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1405Pからの大山東壁

霧氷の森を抜けて1405Pへ到着。 快晴の大山東壁を貸切状態で堪能しました。 だいぶ雪は融けてしまいました。 前日少しの降雪、風が強かったので上のほうは凍ってるようです。 右端の尖がりは槍ヶ峰、ギザギザ稜線。 左端がキリン峠。銀鉄柱のところです。 こうやって見ると鉄柱直下は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥大山の霧氷の森

もしかしたら今年は見られないかと思っていたら、奥大山は真っ白でした。 降雪または降雨後にかなり風が吹きました。 車で仮眠中も少々風の音が気になるくらい。 だからもしかして…とはとは思ったけど、想像以上に美しい霧氷の華が咲き乱れていました。 向かいの振袖山の別ピーク。 いつ以来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大山槍尾根(キリン峠~三ノ沢本渓)②

槍尾根の絶景稜線から緊急逃亡。 張りついて登るのはいいんですが、やっぱりだめなんです、広いところが。 360度開けてしまうと目がまわってしまいます。山登りに向いていません 適当なところからダイブ。 左三ノ峰、とんがりは槍ヶ峰です。 ここもなかなかの傾斜でした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大山槍尾根(キリン峠~三ノ沢本渓)①

寒かったのに積もらない、ちょっと温いとすぐ融ける。 もう冬が終わりそうな大山でした。 2月27日火曜日 朝7時過ぎに奥大山スキー場発。 環状道路をてくてく歩いて健康の森登山口から文殊越。 ここまではツボ足。スノーシューを履いて文殊谷沿いをキリン峠へ向けて登攀します。 森林限界を越えて視界…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大山(大ノ沢右岸稜~七合尾根)

大山大ノ沢右岸稜を登りました。 平日の朝、枡水の駐車場には車なし。今日こちら方面は誰も来ないだろう。 朝7時半頃スタート。環状道路はたくさんの足跡、踏み固められているのでツボ足でいきます。 ロックシェード手前から大ノ沢へ入りました。 雪が少なくヤブが思ったより出ているので尾根が顕著になるまでは歩きにく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大山(大屏風岩~上宝珠越~剣谷)

元谷から上宝珠越へ上がって剣谷と周回してきた。 思った以上に雪が少なくて、天気も雪が降って視界悪し。 もしかしたら?という晴れ間もほんの一瞬で、この日最後まで寂しい風景となりました。 大屏風岩と剣ヶ峰沢。1~2分だけの青空だった。 大屏風岩の左の沢を進むと、その奥が天狗沢。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大山 雪の二ノ沢左俣

みんなと別れた後は、個人的に延長戦。 正月の不摂生が祟って両足攣りながらの支尾根横断はやばかった。 それでもあまり見ることのないこの角度からの南壁の姿に気分は上々。 すばらしい風景でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大山一ノ沢スノーハイク

本年もよろしくお願いします。 大山の一ノ沢をひと回りしてきました。 前日まで降っていましたが、雪の量はまだ少ないようです。 締まってない雪の尾根筋はラッセルトレーニングになりました。 誘っていただいたすなさん、サンポさん、シメジさんありがとうございました。 写真もたくさんもらっちゃって感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大山 弥山沢散策

スラブ帯を見学後、行きに登りかけた弥山沢へ行ってみる。 下の写真は行きに撮った別山。正面から眺める位置関係。 圧倒的な存在感です。 振り返って見ると、中ノ沢は北壁のほぼ中央。 草つきもガレていますがそのてっぺん部分まで行ってきました。 そこからは壁になりますので、ハイキング気分では行けま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大山 中ノ沢スラブ

元谷小屋から左の沢を登っていく。 大きな別山に釣られたかな、一本間違えて弥山沢へ行ったので修正。 沢は大きな壁に突き当たる。 無雪期の登攀対象ルートらしい。 ぼろぼろと岩が崩れていく大山にあって堅固な岩盤、びくともしなさそう。 ここが『中ノ沢スラブ』。 上の写真、左が小屏風…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大山紅葉

三鈷峰付近、1400~1500mくらい、きれいに紅葉していました。 朝の様子、笠をかぶっていました。 週末は大賑わいらしい大山夏山道。 平日の、ぼくがうろついてるようなところはまったく人がいなくて静かなもの。 ガレ沢に立つ木にも、色づいてるものがあってきれいでした。 しばらく眺め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大山壁沢

5月14日 木谷から地獄谷へ。 4月に剣谷行ってから約1ヶ月、だいぶ雪はなくなっただろう。 軽アイゼンとミニバイル2本。ミニバイルは半分クマへの護身用。 ところが、鳥越峠から先はまだ結構な雪で、軽アイゼンが頼りない。 振子沢から上は雪が被っていました。 先月降りたキリン沢を見ると、入ってすぐの支…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元谷中ノ島付近散策(雪崩跡の観察)

中宝珠越へ出てきて、そのまま反対側、元谷へ下降する。 「崩落がひどく下降困難」 右下に古い道標発見。 「元谷」標記。 藪に紛れてるのか、よくわからなかったが、地図にはないので廃道のようだ。 ここらへん、一段落ちていて、雪の際はシュルンドになってるのでかわすのが難しい。 飛び越え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

剣谷と三鈷峰

4月18日 中の原スキー場から入って宝珠山~下宝珠越~剣谷へ。 前夜は豪雨。前線の通過時刻に山の中を走っていました。 前が見えないほどの雨で道を間違え、家を出て2時間、早くも帰ろうかという気持ちになってしまいます。 いつもの道に出てほっとする。気をとり直して大山へ向かいます。 朝、晴れると思ったけど小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地獄谷~1636~振子沢

地獄谷へ合流、遡上していきます。 後ろに駒鳥小屋方面。 すぐに壁沢分岐。 さらに進むと三本槍沢。 本流の上の様子。 左端が本沢本流。この日どなたか本沢へ入られてるようです。 自分たちは難易度の低そうな右端を行って、早めに東尾根へとりつくつもり。 三角のとんがり含めて東尾根…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大山東壁にて

4月13日 大山地獄谷へ向かう途中、1405Pテラスへ寄り道。 東壁のビューポイントです。 環状道路は前日に鍵掛峠まで開通でラッキーでした。 開通分だけ少し寄り道できるので上記の場所へ。 木谷から鳥越峠方面。 風が早く、雲が湧きあがる。ピークに青空が届きません。 1405Pへは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大山大ノ沢

正面大山を見るとひときわ目立つ大きく抉れた沢が大ノ沢です。 今回はここを下りてみます。 快晴の午後、青空はさらに深く濃い青色でした。 左岸稜、草もそろそろ顔を出し始める。 少し遅い時間なので、BCでここを降りる人はもういないらしい。 というか、この日大ノ沢を滑った様子はありませんでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一ノ沢右岸稜

3月25日 大山です。一ノ沢右岸から弥山を目指します。 メンバー すなぞうさん、べるささん。 桝水高原スキー場は今季の営業終了。 開通はまだ当分先だろうと思ってた環状道路は、除雪が一気に進んで、とりつきまでは道路歩きでした。 横手口沢左岸から直線的に一ノ沢右岸へ出ようと考えていたところ、しゃべってる間に通…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大山山頂から

春が近づくと大山は穏やかになってくる。 3月は4回ともそんな天気だった。 大山の主稜線を歩いた足跡。 その先に槍ヶ峰。 槍から左の三ノ峰には人影が見える。 天辺は剣ヶ峰。 避難小屋はまだ埋まってる部分が多かった。 別山と吊り尾根。 週末の午後。 この時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中毒?

再び大山熱が上がってきてしまった。 中毒性があるのか、依存症みたいなものか。 まだまだ知らないとこだらけで、あそこ行きたいここも行ってみたいと欲が出る。 時間が足りない、お金もないし。 遠くの山のことはほとんど知らない。 もちろんすばらしい山がたくさんあるんだろう。 でも、大山だけで当分忙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大山槍ヶ峰(文殊尾根西稜~三ノ沢)

3月18日 冬季の大山、槍ヶ峰をめざします。 文殊谷西稜から細尾根を伝っていきます。 この尾根の上部、黒い三角部分が崩落箇所です。 越えられるかどうかは行ってみないとわかりません。 滑落しないように足場をしっかり固めながら進みます。 こういうスタイルに慣れていないので、なかなか進んでいかない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大山文殊谷西稜~

3月18日 奥大山スキー場~文殊越え~ スキー場からの遠望でも確認できるとんがり(尖塔)を見に行きます。 キリンの鉄柱をキリン峠とするとキリン峠からほぼ真南に伸びる尾根があります。 この尾根の呼称はよくわかりません。文殊谷の西ということで文殊谷西稜ということにしておきます。 そして、キリン峠より西に落…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大山南壁 雪の一ノ沢探訪

桝水~一ノ沢を歩いてきました。 メンバー サンポさん、すなぞうさん。 午前中は雲の流れが速く、光と影のコントラストが風景をどんどん変えていきました。 ついつい見惚れて歩みが止まってしまいます。 ゴールがあるわけじゃないから、気が向く方へぼちぼちと。 ふだんわかん使用のお2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪の一ノ沢

3月11日 雪の一ノ沢へ出かけました。 その時の写真いただきました、ありがとうございます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬季終盤大山弥山

やまっぱーさんのグループ山行にまぜていただきました。 久しぶりの大山は夏山道から六合沢をケツで滑降。 3月らしい穏やかな大山で、大勢の人で賑わってました。 山岳会所属のTさんにはいろいろ情報をいただいたり、ちょっとした訓練などもやってもらって勉強になりました。 メンバーの皆さんにも親切にしても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大山三ノ沢 2016年正月

2016年 正月 大山三ノ沢へ。 15年ぶりくらいの暖冬でどこも雪が少ない。 奥大山から文殊堂までほとんどアスファルト歩きだった。 三ノ沢上部を左へ進んでみた。 久しぶりの雪山なのでのんびり散策できました。   ここは万年雪になるゴルジュ。 女性の方が槍尾根から帰還中でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の大山 桜咲いた

あけましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 昨年はなかなか山歩きができなかったのですが、雪の季節だけはできるだけ行っときたいなーと思っています。 3日にべるさ氏と大山に行きました。 暖冬雪なし~ なんて聞きますが、予想以上でした。 今日湯原のほうに行ったので、少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の地獄谷

4月、まだ雪が残ってる頃の大山地獄谷。 木谷から鳥越峠を越えて地獄谷へ降りたつ。 この時期はみな振子沢へ向かうのだろう。 誰もいない源頭部はとても静かで爽快だった。 ・・・いや、K君がひゃーひゃーうるさかったかな。 そして、彼は行方不明になった(笑 今でこそ笑い話だけど、本当にやばい状況だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more