毛無山~三平山五座縦走

若いグループのみなさんにまぜていただいて、春の花を観察しながらのわいわい縦走です。 新庄毛無山スタート。 白馬山~金ヶ谷山~朝鍋鷲ヶ山~三平山の計五座を歩きます。 3人は女性ですが、みなさんずっとしゃべりながらいつのまにか踏破するというタフな面々。すごいなあ。 カタクリ以外はよく知らないのですが、まだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春キャンプ 中蒜山

なんと4年ぶり、キャンプしました。 先日、ふぅのお試し車中泊で大丈夫だったので、1泊ですが今度はテント泊やってみました。 まあ久しぶりだったし、急に決めたこともあって忘れ物あったり、設営わからなくなったりの ドタバタキャンプでございました。 こんなとき、中蒜山のキャンプ場は時間をアバウトに見てくださる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元谷中ノ島付近散策(雪崩跡の観察)

中宝珠越へ出てきて、そのまま反対側、元谷へ下降する。 「崩落がひどく下降困難」 右下に古い道標発見。 「元谷」標記。 藪に紛れてるのか、よくわからなかったが、地図にはないので廃道のようだ。 ここらへん、一段落ちていて、雪の際はシュルンドになってるのでかわすのが難しい。 飛び越え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

剣谷と三鈷峰

4月18日 中の原スキー場から入って宝珠山~下宝珠越~剣谷へ。 前夜は豪雨。前線の通過時刻に山の中を走っていました。 前が見えないほどの雨で道を間違え、家を出て2時間、早くも帰ろうかという気持ちになってしまいます。 いつもの道に出てほっとする。気をとり直して大山へ向かいます。 朝、晴れると思ったけど小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地獄谷~1636~振子沢

地獄谷へ合流、遡上していきます。 後ろに駒鳥小屋方面。 すぐに壁沢分岐。 さらに進むと三本槍沢。 本流の上の様子。 左端が本沢本流。この日どなたか本沢へ入られてるようです。 自分たちは難易度の低そうな右端を行って、早めに東尾根へとりつくつもり。 三角のとんがり含めて東尾根…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大山東壁にて

4月13日 大山地獄谷へ向かう途中、1405Pテラスへ寄り道。 東壁のビューポイントです。 環状道路は前日に鍵掛峠まで開通でラッキーでした。 開通分だけ少し寄り道できるので上記の場所へ。 木谷から鳥越峠方面。 風が早く、雲が湧きあがる。ピークに青空が届きません。 1405Pへは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あわじ花さじき&淡路夢舞台

せっかく淡路島へ来たのに、まだほとんど歩いてないランとふぅ。 公園のようなとこで犬が入れる場所を探しました。 で、花の名所といわれる花さじきがいいらしいので行ってみました。 暖かい日の午後で、多くの人で賑わっていて犬連れの人も多かったです。 今の時期は菜の花。 北面はまだ早いみたいでまだ青々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のじまスコーラ

お洒落なカフェやアートの店ですが、元は小学校。 廃校後にこのような形で人が集まる場所になった、いわゆるイノベーションというやつですね。 道路から1本入ります。このようなかわいい標識案内が出ていました。 店へ到着、旧運動場が駐車場です。 凄い車の数でした。賑わってます。 オーニングの赤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ランとふぅ 世界を旅する!?

ちょっとアテネまで…。 …訂正、淡路島へお出かけ。 淡路ワールドパークONOKOROです。 20年以上前、2人で旅行に来た時にここを訪れると改装中でお休みでした。 楽しみにしてたのがやってなくて残念だったのを覚えています。 あてもなく走ってたところ、道路標識が目に入ったので、 犬が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ランとふぅ 淡路島へ行く

車に乗っては酔ってげろげろのふぅちゃんです。 「気持ち悪そうになってきたら休憩」を繰り返して、まあまあ遠方へ出かけることもできるようになってきています。 ゆみさんの実家名古屋へは2回帰省しました。 1回目は名古屋まで持ち応えたのに、到着寸前で油断して発射してしまいました。 それ以来はたぶんげろげろはな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャイニーズクレステッドドッグふぅの記録③変身

ふぅ、初めてのカットです。 【ぼ】が顔バリするときにじっとできなくて傷ができたりするので、トリミングに不安があったのですが、 意外と外ではいい子にしてくれていたようで、 すっきりきれいにしてもらいました。 ランと同じように「なんちゃってヘアレスカット」。 これで少々雨降りでも、汚たり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大山大ノ沢

正面大山を見るとひときわ目立つ大きく抉れた沢が大ノ沢です。 今回はここを下りてみます。 快晴の午後、青空はさらに深く濃い青色でした。 左岸稜、草もそろそろ顔を出し始める。 少し遅い時間なので、BCでここを降りる人はもういないらしい。 というか、この日大ノ沢を滑った様子はありませんでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一ノ沢右岸稜

3月25日 大山です。一ノ沢右岸から弥山を目指します。 メンバー すなぞうさん、べるささん。 桝水高原スキー場は今季の営業終了。 開通はまだ当分先だろうと思ってた環状道路は、除雪が一気に進んで、とりつきまでは道路歩きでした。 横手口沢左岸から直線的に一ノ沢右岸へ出ようと考えていたところ、しゃべってる間に通…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大山山頂から

春が近づくと大山は穏やかになってくる。 3月は4回ともそんな天気だった。 大山の主稜線を歩いた足跡。 その先に槍ヶ峰。 槍から左の三ノ峰には人影が見える。 天辺は剣ヶ峰。 避難小屋はまだ埋まってる部分が多かった。 別山と吊り尾根。 週末の午後。 この時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中毒?

再び大山熱が上がってきてしまった。 中毒性があるのか、依存症みたいなものか。 まだまだ知らないとこだらけで、あそこ行きたいここも行ってみたいと欲が出る。 時間が足りない、お金もないし。 遠くの山のことはほとんど知らない。 もちろんすばらしい山がたくさんあるんだろう。 でも、大山だけで当分忙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大山槍ヶ峰(文殊尾根西稜~三ノ沢)

3月18日 冬季の大山、槍ヶ峰をめざします。 文殊谷西稜から細尾根を伝っていきます。 この尾根の上部、黒い三角部分が崩落箇所です。 越えられるかどうかは行ってみないとわかりません。 滑落しないように足場をしっかり固めながら進みます。 こういうスタイルに慣れていないので、なかなか進んでいかない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大山文殊谷西稜~

3月18日 奥大山スキー場~文殊越え~ スキー場からの遠望でも確認できるとんがり(尖塔)を見に行きます。 キリンの鉄柱をキリン峠とするとキリン峠からほぼ真南に伸びる尾根があります。 この尾根の呼称はよくわかりません。文殊谷の西ということで文殊谷西稜ということにしておきます。 そして、キリン峠より西に落…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大山南壁 雪の一ノ沢探訪

桝水~一ノ沢を歩いてきました。 メンバー サンポさん、すなぞうさん。 午前中は雲の流れが速く、光と影のコントラストが風景をどんどん変えていきました。 ついつい見惚れて歩みが止まってしまいます。 ゴールがあるわけじゃないから、気が向く方へぼちぼちと。 ふだんわかん使用のお2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬季終盤大山弥山

やまっぱーさんのグループ山行にまぜていただきました。 久しぶりの大山は夏山道から六合沢をケツで滑降。 3月らしい穏やかな大山で、大勢の人で賑わってました。 山岳会所属のTさんにはいろいろ情報をいただいたり、ちょっとした訓練などもやってもらって勉強になりました。 メンバーの皆さんにも親切にしても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more