香々美川右俣足谷(2017-沢9回目)

花知ヶ山と丑寅権現(ウシトラゴンゲン!)の間を流れる香々美川源流。 今回の遡行最奥の足谷の滝は標高900m付近とあって、とても水がきれい。 久しぶりに清流を体感しました。 メンバーTさん、Sちゃん。 遡行記録がほとんどなくてイチかバチかな沢登りでしたが、そんなのにつきあってくれてありがとうござ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わいわい沢登り(2017-沢8回目)

沢初体験のお2人をご案内~。 不思議とやる気に満ち溢れています。 クモの巣やだとか、危なそうとかそういうの大丈夫みたいです。 少々の滝はへっちゃら、10m超えるくらいでも 大丈夫です、やるやるって。 ぼくなんかよりよっぽど男前でした(笑 向いとる! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わいわい小田原川本谷(2017-沢7回目)

夏本番。 そうめんの美味しい季節、流しそうめんの気分が最高に気持ちいいです。 山グループの沢いきたい面々による山行。 沢登りはじめての方2名。 水の中に突っ込むぞと、一度覚悟のできたひとはなんの問題もなく沢遊びやれるようです。 水を被ったり、泳いだり、ロープで吊るされたり、攀じ登ったり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熊山油滝沢(2017-沢6回目)

熊山の沢。 近場すぎて期待値低めなかんじでなんとなく行こうか、とならなかったところであるが、 ちょっとやりたいって時に気軽に行けるならそれはとてもありがたいこと。 先週行くつもりだったところ、和気のほうへ行ってしまったので行けなかったのだが、 サンポさんがその後行ってみて、やはり意外にも(?)好評価。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

段ヶ峰倉谷沢(2017-沢4回目)②

倉谷沢 つづき。 小滝をいくつか越えると、気持ちよい斜瀑二段。 二の滝手前は二俣に分かれる。右側も立派な滝が構えている。 左へ進み現れる二の滝 20mくらい。 轟音と水しぶきに圧倒されます。 この大滝を眺めながら大休止。 右岸の岩場をを巻き上がる。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

段ヶ峰倉谷沢(2017-沢4回目)

兵庫県の段ヶ峰、倉谷川を遡行しました。 メンバー べるささん、サンポさん、Gちゃん、自分の4名。 今回初参加のGちゃん、同じ年の友人なのだが、学校とかちがうしいったい何繋がりなのか妙なかんじ。 一緒に遊ぶとなると二十数年ぶりかもしれない。 そんなGちゃんが沢デビュー。山登りなんかもやったことな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和気八木尾谷(2017-沢3回目)

八木尾谷三の滝15m。 一人で登れるかやってみた。 一番下は釜が意外と深くて面倒だったりするので省略。 左端のラインを登ります。 二段目へは左岸壁伝いで上がれますが、1人なので、高巻き後に三段目右岸から支点をとってロープを出す。 少しハングしていて二段目から這い上がるのは難儀する。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小田原川本谷(2017-沢2回目)

兵庫県の小田原川本谷です。前回は2014年だったので、3年ぶりでした。 そんなに~??という感覚は何? やばい、時間が流れるのが早すぎる… 冬の大山に誘っていただいたtさんのお声かけで、四国から参加のsちゃんとで計3名で初夏の沢へ突撃です。 tさんとは今回で2回目です。スケジュールの空きが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ランとふぅ 直島へ行く

フェリーに乗って直島へ。 宇野からすぐ目の前に見えてますから、ほんの数分くらいで着くと思ってたのですが、 直島の宮浦港は島の中央なのであっという間でもなかった。 ワンコはバッグやケージに入れて3階デッキに乗ることができます。 風に当たるからまだいいけど、もう少し暑かったらバッグの中は無理かなあ。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2017 沢はじめ

5月31日県内某所 様子見がてら歩いてみました。 まだ寒いかなあと思ったけど、水量乏しく、 スタートにはちょうどよかったくらいです。 クモの巣との闘い。使い勝手の良い最強の木の枝を装備し、丁寧かつ効果的に払っていく。 油断するとひどいことになるから。 沢登り初挑戦のサンポさん …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

婦夫波と海カフェ

すさみ町見老津 恋人岬。 すさみ町観光協会の案内によると 【恋人岬と黒島の間の狭い海峡に東西から打ち寄せ合う「婦夫波」は、波が寄り添う姿からこう呼ばれています。波がぶつかりあって高く立つことから別名「合掌波」ともいわれ、 奇観ととして「和歌山の親しめる水辺66」にも選ばれています。】 あえて婦夫波だそうで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ランとふぅ 串本海中公園

ランもふぅも初の水族館、「串本海中公園」です。 ここもワンコたちはバッグの中です。 くたびれたか楽だと思ってるのか?バッグの中で大人しくしています。 おかげで自分たちも楽しめました~ これは脱皮した後の抜け殻なんだとか。このまま動き出しそうだ。 ウミガメの展示は外です。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

潮岬

本州の最南端 潮岬です。 日本の端っこにいる気はしませんが、目の前の太平洋を見てるとそうなんだなあと感じられます。 広ーい芝生の公園「望楼の芝」を歩いてみました。 初夏のお天気、陽射しがジリジリきてランもふぅも舌を出して歩いてた。 少し西へ行けば潮岬灯台。 バッグに入れる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

橋杭岩

これは記憶に残ってる風景。 こんなに突き出た岩がずらりと並んでるなんて不思議でしかたない。 夜中に着いて暗闇の中うっすらと岩の気配を感じる。見上げれば満点の星空でした。 明け方ふぅに起こされてしまって寝坊、日の出には間に合わなかった。 道路渡った小高い丘の上から。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夕焼けと円月島

白浜の海岸から車で数分、円月島と呼ばれる夕景が美しいことで有名な島。 ちょっと夕日には早かったので少し散歩、そのあと夕食へ。 ちょっとだけ写真撮りました。 バスが何台もやって来て外国の方たちが写真撮っては慌ただしく去っていく。 ゆっくり景色を楽しむかんじではなかったなあ。いいとこなのに。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南紀白浜 千畳敷

ささっと和歌山へドライブ。 20数年ぶり、もうほとんど記憶にないほど前に遊びに行ってるとこです。 いくつか名所的なところを観光してきました。 ものの感じ方は年とると変わってくんですね、こういう風景すばらしい。 日本てほんといいとこだなあと思います。 南紀白浜の千畳敷です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大山壁沢

5月14日 木谷から地獄谷へ。 4月に剣谷行ってから約1ヶ月、だいぶ雪はなくなっただろう。 軽アイゼンとミニバイル2本。ミニバイルは半分クマへの護身用。 ところが、鳥越峠から先はまだ結構な雪で、軽アイゼンが頼りない。 振子沢から上は雪が被っていました。 先月降りたキリン沢を見ると、入ってすぐの支…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ランとふぅ 吉井川カヤック

ふぅちゃん、カヤックデビューしました。 今回もまた ふぅちゃんの初めてシリーズです。 ひとつひとつ無難にクリアしていってるふぅちゃん。 心配は舟の上でげろげろになることでしたが・・・・。 春らしい風景です。熊山橋の下、黄色いお花畑の中から舟出します。 すぐ上が橋なので橋の上から空撮風…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more