和気町八木尾谷




雨が降らん降らんいうてた頃、えっといつだっけ?と確認したら8月終わりでした。

ぼっちで和気の沢へ出かけました。

沢はなにかと危険がいっぱい。気をつけましょう。

こける落ちるはもちろんですが、ヘビさんハチさんには愛想は通じません。

とか言いながら、飛び移った先にいた真っ黒ヘビさんにおどろいてこけた。


どこまでがそうかはっきりしないが40~50mといわれる滝は形のよい段瀑。



簡単にのぼっていけるが高度感はまあまああります。(下の方は見えません)



二の滝10mはどこからでもお好みで。



三の滝15m。

これをひとりでやっつけることはできるだろうか、というわけで念入りに下見。



最初の釜は深くて首くらい浸かる。そのうえのチョックストーンは上がれない。

左岸からCS上のテラスに飛び降りる。が、一度降りたら登るか釜へ飛び降りるしかない。

さてここからあがろうと思うととりつきは3パターン。



真ん中、クラックを使っていってもその上が逆層っぽいスラブ。ぬるぬるだし。

右は水流のない苔むしたルンゼ。

身体押し込んで突っ張っていけそう。



左は以前みんなで登った。

少しハングしてるので最初の一手が出にくいようです。



ということで、ここは右か左なら登れそう。ロープなしでは危なくて無理。

いっかい下りて上部観察。



支点取れそうなとこ見つけたようないまいちだったような、1ヶ月も前で忘れてしまった。

まあとにかく、こんどはロープ垂らしてやってみよっと。

四の滝、三段12m。二条ある。



左の滝の落ち口。





五の滝、7m。







主な滝はこんなかんじでーす。

1時間20分くらいでした。すばるに寄って帰った。

なんか、準備しとけば仕事の合間に行けるかも・・・。


あれから大雨何回も降ったし、台風もあった。きれいになってるとか・・・ないか。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック