那岐山 淀川支流B沢




初めての那岐の沢。Bコースの沢を遡行しました。

入渓してすぐに現われる蛇渕の滝。3段30mとのこと。


階段状になっていて容易な滝でしたが、高さがあるのでブルージックにて。

左岸水線沿いを登りました。


ゆみさんがんばる。


しばらく歩いて本流と支流の分岐。

右手に見える出合の滝。


べるささん行ってもうた(汗  あの~…段取りとか(笑


いけるかわからんけどとりついてみる。

ここでひと騒動。


踏ん張ったべるさ氏の足元が吹っ飛んだ。


「なにこれ~!?」目の前過ぎて状況がよくわからない。とりあえず爆発した。

いつまにか大きな流木の上に乗ってるべるさ氏?

出合の滝ビフォーアフター。


落ち口に木の根のような流木が引っかかって流れを堰き止めていたようです。

踏ん張った際に堆積してた石ころやらなんやらが吹っ飛んで穴を開けたらしい。

というわけで、もちろん退却。

右岸を大きく高巻く。すぐ上で登山道設置(?)の工事してたので、挨拶をして横切らせてもらいました。

少し時間がかかったので、待ちきれなかったかべるさ氏行方不明。

出合の滝上部から声をかけるも気配なし。ここは三段の連瀑。

懸垂下降で下段へ降りてみた。おらん。

Kくんは上流を探すも見つからず。

40~50分のあいだ、出合の滝で出会えなかった。ダジャレでございます。

お互い出会えないのに工事の方にはあっち行ったこっち行ったなどと教えていただきお世話になりました。

結局はいい距離感キープで動いてただけでした。こんな時はあまり動かないでいましょう。


このあと小滝がいくつかありますが倒木がひどくなります。

倒木に埋もれて近寄れない滝もありました。

跨いで歩くのが堪えます。きれいなナメでほっとひと息。


しばらく歩くと大きなのが見えてきました。


大滝15m。

またもや突っ込んで行くべるさ氏をなだめて、ここはきちっと安全確保。

トップロープで登ります。

べるさ氏に続いてKくんもトライ。

ひゃあひゃあ言いながらもフリーで登りきってしまった。すごいね。



また少し小滝があって


15mのハング滝。アントラーズの滝とも言われるそうです。


これは見るだけ、自分たちには無理です。

もう冷たいやろに(笑)




時間もかかったし、なによりくたびれてしまったのでここで遡行終了。

Bコースにエスケープ。倒木と棘のヤブ漕ぎはひどかった。

大きな滝があって楽しい沢でした。



ヤマレコ















この記事へのコメント

べるさ
2014年09月09日 11:24
この時は携帯も不携帯で滝の音が煩くって聞こえないし・・はぐれた時は心細くなりました。出会いの滝で別れる・・なんてダジャレやん・・ね~。
お天気イマイチでしたが水も綺麗で中々、見ごたえ有る沢でした。
又、言って見たいです。
ふりふら
2014年09月09日 22:05
>べるささん
でしたね。出合の滝でってのがまた(笑
どうします?左・右とかほかにも那岐山はルートがあるそうですよ。
2017年12月30日 00:02
[url=https://nvzmk.ru/uslugi/izgotovlenie/]Завод по изготовлению металлоконструкций производство металлоконструкций на заказ[/url]
Ariadna sig
2019年05月07日 10:18


это интересно...
Dominika Mat
2019年05月07日 10:18

-----------------------
Пока, пока...
Inessa Mat
2019年05月07日 10:18

-----------------------
всем пока, пока...
Tat'jana Nip
2019年05月07日 10:18

------------------------
всем успеха..

この記事へのトラックバック