夏真っ盛り 浦富シーカヤック





梅雨明けしました。日本海は穏やかな夏モードです。

春からあまり穏やかな日がなかった日本海ですが、やっと天候よさげな週末がやってきました。

6名で日帰りツアーです。そのうち、kogomi兄さん、パク父さん、Kくんが日本海カヤックは初です。

kogomi兄さんには一昨年から日本海漕ぎましょうと誘ってたので、そういう意味でもやっと・・・です。



最近仕事がんばっちゃってるので、日帰り遠征はちょっとしんどい。

3時間ほどかかります。これでも近くなった方ですが。

くたびれてるからかこの日も目がおかしくくらくらしてだめでした。

これは船酔いか、カヤックが向いてないのか(汗

海は穏やかでよかったです。みなさん夏の日本海を満喫できたと思います。



出艇地の網代漁港は朝市かなんかイベントのようで、車が多く、端っこになんとか駐車できました。

となりでカヤックツアーの方々が準備中でした。

自分たちも準備してそろそろ出ようかという頃、一部メンバーが行方不明。

朝市で刺身の裾分けにあずかってたらしい。地元の方は、財布持ってない人にもやさしいすねw



いつものように漁港スロープからエントリー。ツアーの人は先に出発しています。

春に来た時ほどではないけどうねりのない穏やかな海です。

漕ぎ出してすぐの千貫松島。




ここら辺ではまだあまり透明度は感じられません。

観音浦あたりは浅くなるので太陽が出てればすごくきれいなはず。

と、先を急いで観音浦。TOP画像のキラキラした宝石のような場所です。

日本海ええな~~と思いつつ、すでにくらくらと目が回ってます。(私)


パク父さんとKくんはアリュートでタンデム。息があってるかどうかわかりませんがちゃんと進んでました(笑


カヤックツアーは2グループ、

ほかにアルフェックのカヤッカー2艇、そのほかグラス艇も出ていました。

こんなにカヤックと遭遇するのは初めてです。


鴨ヶ磯へ向かいます。

空いてれば上陸したいところですが、ここはシュノーケリングや海水浴で人気の場所。

人でいっぱいでした。

小鴨ヶ磯で記念写真。


大鴨ヶ磯は道路からは少しあるので、人もまばら。

ここでひと休みです。



海の上は多少涼しいですが、陽射しがじりじり。

かっちゃん、Kくんは泳いで(浸かって)クールダウン。

Kくんは顔半分隠してるので今回はモザイクなし。  っていうか、ブイにしか見えん。


こちらかっちゃん・・・なんでこんなおもろいの(笑


しっかり熱を冷まして先へ進みます。

すでに裸やん。


ここもお決まりの細長い洞門潜り。



次の目的地は城原海岸。

こちらも大勢の海水浴客で賑わってて、カヤックでは近寄りづらい。

少し先の無人浜へ上陸しました。

ここで食事&またまたクールダウン。

kogomi兄さん、つい(?)高い場所へ。 なんでしょうねぇ、登りたい衝動!?


兄さんからの目線。


きれいな海だな~。

かっちゃん氏浮いてる。寝転がってDSでもやってるっぽい。


気持ちよさそうなんで、つられて私もちょっと泳いでみた。

海の中。


顔を上げると2人。まるで救助待ち(笑


今回初遭遇の魚です。

かっちゃん氏が捕まえたヒラメの稚魚。


捕まえられなかったサメの仲間。


このあとは田後まで行って引き返しました。




真夏の海を漕ぐのは初めてでした。

暑けりゃ泳ぐというのがまた気持ちよかった。

日本海の透明度はやっぱすごいですね。

海の中ももちろんクリアなもんで、カメラの水中ハウジングほしいなと思えてきました。

パク父さんもKくんも、はやく自分の舟手に入れたらいいのに~。




帰りにkogomi兄さんのおすすめカレーハウス 木(ぼく?)さんでカレー食べてきました。

りっぱなログハウスに風景の写真が飾ってあります。

カレーはわりと甘めで口当たりがよいので、大盛いけたなあと思いました。

きっとみんな好きな味です。おいしかった、ごちそうさまでしたw



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック