ぼすアジ日記32 あるお方の言葉③孫子


『 敵を知り 己を知れば 百戦危うからず 』

TVでジャイアンツの原監督が言ってましたが、孫子の兵法でございます。

スポーツの世界ではよく出てくる言葉です。

ということは、アジにも、たぶん。



アジリティー競技の一番の面白さは、やはり毎回違うコース設定とタイム設定であることだと思います。

競技である以上順位がつくのですが、

ほかの出走者の方との競争とはちょっとちがいます。

たしかに、誰かがミスをすれば順位が上がるかもしれないけど、

自分の実力以上の速さで走ることは不可能なので、

与えられたコースとタイムの中で

自分(&わんこ)の持ってる力をどれだけ発揮できるか、ということになります。




アジでいえば『 敵 』は、コースでありコース作成者の意図でしょうか。


ハンドラー目線、犬目線だけで ある程度コース攻略はできると思う。


けども、ちょっと見方を変えて、

『 敵 』であるコース作成者目線で

どこでひっかけたいのか、どんなハンドリングをさせたいのかを読み取っていくと

コース作成者の考えてる正解ハンドリングが見えてくるかもしれません。

このタイムで走らせるにはこうや!というものがきっとあるんだと思います。


ただ、その正解が『 己 』に合わない(できない)ことも多いので

自分の持ってる(使えるハンドリング)技術で、コースに対抗していくわけです。



コース作成者の意図を理解できないまま走って、

思わぬところでドボンッてことも多々あります。


『 十分準備してたら、いっつも大丈夫や 』 と、孫子サマおっしゃってます。


『 敵を知り 己を知れば 百戦危うからず 』



孫子サマ、勝手な解釈ですが、間違ってないですよね?

画像




~  ぼぶろぐ  ~







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック