ふりふら

アクセスカウンタ

zoom RSS 雨の滑床渓谷散歩〜ぶらり西四国〜

<<   作成日時 : 2017/11/30 19:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0




翌日は雨。

山あいは朝から降るみたい。

梼原の道の駅で一泊しました。

雲の上ホテルを中心に温泉やレストランなどきれいな施設。

公園もあってランとふぅもよく歩けていいところでした。

夜の間はまだ晴れていて星がきれいに見えました。



朝、早くも降りだしたのでもしかしたら止むかも?とだらだらしていましたが、そうでもなさそう。

雨でもそれなりに楽しめそうな滑床渓谷へ行くことにします。

沢登りというかキャニオニングが楽しそうな、有名な渓谷です。

ちょっと遠いのでなかなか岡山から行くこともなかったのでちょっと楽しみ。




途中、たまたま寄ってみた鬼北町の道の駅「日吉夢産地」というところなんですが、



なんと!大きな女鬼像が立っていました。

子鬼を抱いています。

海洋堂が制作した「柚鬼媛(ゆきひめ)」ということです。愛媛の媛ね。

とっても色っぽいママ鬼でした。

ふぅで一応記念写真撮っときます。



国道320号線は鬼街道と呼ばれ、近くの道の駅「森の三角ぼうし」にはまた別の鬼の像があったようです。

鬼の町なんですね。

知らなかったから見れず、残念。



しばらく車で走って滑床渓谷へ到着。

雨はやみそうにないので、ワンコは車に置いてヒトだけ散策してきます。

傘さして山の中歩くのもあまり経験がないなあ。

しっとりしたかんじがちょっといいかも。

このあたり紅葉がピークです。


滑床らしいなだらかな流れの中にも、わりと大きな滝や岩間滝などが出てきます。



写真だとわかりづらいですが、ここなんかも結構大きな滝。

このような淵のあるところにはターザンロープがかかっていました。飛び込むみたい。









↓こういうのたまに見かけるけど、うーん、わからんでもない。

気持ちだけ(笑



渓谷沿い遊歩道を小一時間、大きな『雪輪の滝』が出現。

『巨大な滑り台』ってことなので、どんなものかと楽しみに思っていた滝です。

正面の展望デッキから見ると、

し、死ぬレベル…。



ちょっと下から見れば若干傾斜は緩いことがわかりますが、それでもきゃあきゃあいうような滑り台ですよ。



雪輪の滝の釜と下流。滝のスケールに対し、少々小さく見えます。



そしてこれは『落合淵』。

ここもじつは大きな釜となっています。

右側からトイ状の流れ、恐怖のウォータースライダーです・・・。

やってみると楽しいのでしょう。



位置関係はこのとおり。近くというか、すぐ横。

ミスってガーターならこっちへ落ちるんじゃ?って、そんなわけないのだけど、近い。




ここだけでずいぶん遊べそうですが、沢登りとしてはもう少しがんばって行くと

広大なナメを進み大ーの滝から三本杭へと行けるそうです。

来年行ってみようかな。











『雪輪の滝』 長さ80m幅20m 落差は60mとか







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
雨の滑床渓谷散歩〜ぶらり西四国〜 ふりふら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる