ふりふら

アクセスカウンタ

zoom RSS 段ヶ峰倉谷沢(2017-沢4回目)A

<<   作成日時 : 2017/07/06 20:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2




倉谷沢 つづき。


小滝をいくつか越えると、気持ちよい斜瀑二段。



二の滝手前は二俣に分かれる。右側も立派な滝が構えている。



左へ進み現れる二の滝 20mくらい。

轟音と水しぶきに圧倒されます。



この大滝を眺めながら大休止。



右岸の岩場をを巻き上がる。

上部5〜6mはほぼ真上へ、スタンスも小さいので怖いとこ。



二の滝上部にはさらに10mほどの滝。



いくつか登れる滝が続く。



左の支渓を進むと三の滝方面へ。

三の滝はあまり様子を見る時間がなかった。べるさ氏がフリー突破。





思ったよりスケールが大きく見た目も登攀もおもしろかったです。

豪雨の翌日だからかクモの巣ゼロで快適。

ヒルはGちゃんに食いついた2匹。自分の家に2匹連れて帰ってしまって計4匹。

ただ、全体的に崩落により落石の後が顕著で荒れている。

浮石多くかなり危険が近いところにあったので細心の注意が必要。


みなさんおつきあいありがとうございました。











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
二ノ滝右岸のテラス状になってる辺りに孵化したばかりの雛4羽が心配・・何鳥の雛だったのかな・・?。
登滝中は声が届かない・・呼子とかホイッスル要るな〜。
ヒルのお持ち帰りは無かったのだけどそれっぽい傷が二か所・・。
ヒルはちょっと・・ですが良い所でした。
お疲れ様でした。
べるさ
2017/07/09 17:46
>べるささん
こんにちは
パターンが確立されてると楽だし心配もないですね。
初めてのところはとくに大事になってきますね。
またちゃんと練りましょう。
ふりふら
2017/07/12 13:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
段ヶ峰倉谷沢(2017-沢4回目)A ふりふら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる