ふりふら

アクセスカウンタ

zoom RSS 剣谷と三鈷峰

<<   作成日時 : 2017/04/22 21:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0




4月18日 中の原スキー場から入って宝珠山〜下宝珠越〜剣谷へ。

前夜は豪雨。前線の通過時刻に山の中を走っていました。

前が見えないほどの雨で道を間違え、家を出て2時間、早くも帰ろうかという気持ちになってしまいます。

いつもの道に出てほっとする。気をとり直して大山へ向かいます。

朝、晴れると思ったけど小雨。

このほんとに降るか降らないかはっきりしない空模様のせいで、結局スタートしたのは11時。

前夜入りしなくてよかった。なんなら少し仕事してからでもよかったかな。

下宝珠越から装備を変えて剣谷へ下降していく。

小雨がぱらついて、風も吹いている。今日はカッパだ。

下降してしばらくすると宝珠越の道標が見えてくる。

その手前の沢を渡渉するものだと思っていろいろ工作してみるが、

踏み抜いて抜けられないことなど想像すると、まあ無理することもない、目の前のこの沢を上がっていけばいい。

どっちみち初めて歩くところだ。



前夜の雨もあって凄い流れになっています。


この沢を行くと、もしかしたらすぐ宝珠尾根に乗っかるかもしれないな、とか考えつつ進んでいくと

三鈷峰が見えてきた。どうやらここが剣谷でよかったらしい。


新しそうな崩落の跡が確認できます。

これも豪雨の影響か、こぼれてしまったような跡が長く伸びていた。


三鈷峰の壁が近く、迫力ある風景が続いているが、

ここはやはり晴れた日に全容を目の前で見てみたい。


転がっている土の塊をピッケルで突いてみたところ、非常に固く、これはほぼ岩でした。

土壁だという認識でいたのだけど、脆い岩壁なのだろう。

ガレ場ではともかく、雪の上では音もなく転がってくるので十分注意したい。


雨は降ってるような降ってないような、そんな程度になりました。

ガスに覆われて来た方向は真っ白。


上も視界不良になってしまった。


これではルートも判別できないし、落石や崩落にも注意が行き届かない。

しかたなく、どこかで宝珠尾根に出ればいいかと、進路を右へ右へととることにします。

ほどなく、中宝珠越の道標が見えてきた。

思ったよりずっと近い(低い)場所にそれがあったので少々拍子抜けしてしまいました。

簡単に昼飯を口に入れて、様子をうかがうことにした。

今日は雨に濡れて寒いし、視界は悪いし、時間も遅れ遅れでいいことがない…

セルフで写真撮ったりしてる時に、大きな崩落音が2回しました。

音から規模を想像するのは、場所が近いだけにキモチワルイ…


上を目指すのはやめて、今日は元谷へ降りることにしよう。

また来ます三鈷峰。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
剣谷と三鈷峰 ふりふら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる