ふりふら

アクセスカウンタ

zoom RSS 地獄谷〜1636〜振子沢

<<   作成日時 : 2017/04/19 22:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0




地獄谷へ合流、遡上していきます。

後ろに駒鳥小屋方面。


すぐに壁沢分岐。

さらに進むと三本槍沢。

本流の上の様子。


左端が本沢本流。この日どなたか本沢へ入られてるようです。


自分たちは難易度の低そうな右端を行って、早めに東尾根へとりつくつもり。

三角のとんがり含めて東尾根。そこを巻くように右から。


とくに問題なく東尾根へ乗る。

乗るには乗ったけど、もう雪はなくてかなりのヤブ漕ぎを強いられそう。

せっかく稼いだ高度、もったいないのでトラバースしていくのですが、これもまたしんどいだけ。

振子沢へ降下。

だだっ広い沢を登る。烏ヶ山からも見える大きな沢です。

登っても登ってもなかなか進んだ気がしない。同じ雪壁の中にいるみたい。

最後の方はちょっと無理―ってなって、右へ逃げた。

早く稜線に出るとまた気持ちが楽になります。


ガスが湧いてきましたが、視界はまだあります。

天狗ヶ峰から剣ヶ峰を眺めます。


1636Pから本沢を見て、これからあとのルートを決めます。

1636へ向かう。

右手側、墓場尾根の展望台から眺める。おどろおどろしい場所だ。


写真中央の剣谷を次回歩いてみようと決めた。

1636Pから本沢を覗きこむ。小さくなった雪庇が残っていて、そこから一歩出すのがちょっと怖そうです。


横に伸びる亀裂が数本。下るのはやめて、いつか登りでやってみようと思う。


無難に振子沢へ下りていきます。


BCの人もいないので、それでは遠慮なしに。

「いってらっさーい」




烏ヶ山が正面に見えてきた。烏谷側からの山容。


東尾根と1636Pから天狗への稜線です。


鳥越峠経由で駐車地へ。

1405からの東壁、キリン沢、三本槍沢、振子沢と満足度のの高い山歩きでした。

今回もサンポさんありがとうございました。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
地獄谷〜1636〜振子沢 ふりふら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる