ふりふら

アクセスカウンタ

zoom RSS ランとふぅ 世界を旅する!?

<<   作成日時 : 2017/04/10 07:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0




ちょっとアテネまで…。



…訂正、淡路島へお出かけ。

淡路ワールドパークONOKOROです。

20年以上前、2人で旅行に来た時にここを訪れると改装中でお休みでした。

楽しみにしてたのがやってなくて残念だったのを覚えています。

あてもなく走ってたところ、道路標識が目に入ったので、

犬が入れるかどうかわからないままでしたがとりあえず行ってみました。

駐車場には留守番ワンコがいる車があったので、犬はだめかと思ったのですが、

若干の制約があるものの、入れないことはないということがわかりました。

だったらその制約の中で楽しんできましょう。20数年ぶりだし〜。


その制約とは、とくに大したことはありませんが、


コレです。



「出してくれー」というような顔をしております。

このカート一日レンタル500円。もう少し小さいタイプもあります。

入口ゲートの中にある窓口で手続きしますから、先に入場してからということになります。

この中から出てはいけません。顔を覗かせることもNGです。

写真撮るのもいまいちなわけですが仕方ありません。

入れてくれるだけありがたいじゃないか。

ケージ持参の方はそれを使えば入場できます。



正面ゲート入ると、まずは動物や恐竜がお出迎えしてくれます。

じつはこのレベルでも私は十分楽しいのです。




キングコングで遊ばせてくれます。しょうがない、やっとくか。


少し懐かしい感じの乗り物です。大きなパンダが2つ。

ふぅが吠えたててすみませんでした。只者ではないと思ったんでしょう。


ワールドパークだけあって、フードコートも外国風。「ダイナマイトキッチン」

ウェスタンな雰囲気、嫌いじゃないです。


ただしメニューが外国風とはかぎりません(笑


かわいい列車が走っています。


もちろん踏切りには遮断機がありますが、場合によっては列車止める遮断機のようですね。


踏切りを渡ると童話の森ゾーンです。

裸の王様とか赤ずきんとかおなじみの童話のキャラクターが迎えてくれます。

なかなか立派なジャックと豆の木。

主人公ジャックでしたっけ?

彼も人間の子のはずですが、それなりに巨人でした。


西遊記。

沙悟浄のこれじゃない感はなかなかのもの。


ちょいちょい思ってたのと違う感を出してくれるので楽しいです。

ランとふぅはわりと苦手な大型オブジェに戸惑ってるようです。



それにしてもこのカートはいいんじゃないでしょうか。

吠えることを気をつければ、あっちこっち暴れ倒すこともないし、排せつで迷惑をかけることもありません。



そしてちょこんと座ってるランとふぅがかわいい。



ミニチュアワールドには世界の有名な建築物がミニチュアサイズで再現されています。

これはイタリアのコロッセオ。


万里の長城。


フランスのノートルダム寺院。写す方向まちがえました。


イギリス、バッキンガム宮殿。


この巨大な顔は…なんだっけ?


おすましランとふぅ。


ニュージーランド、クライストチャーチ大聖堂。


スペイン、セゴビア城。


パルテノン神殿とか。


これはよくわかりませんが、やはりやっとく。


やらざるをえない。


エトワール凱旋門。


こ、これはスフィンクス。(ミニチュアワールドではありません)

身内にでもいそうなお顔です。


クオリティのギャップがさらにおもしろさを演出。

なんておもしろいんだワールドパークおのころ。

あまり期待せずに寄ったのですが、いいところでした。

若い頃に行ってたら当時との違いが思い出せて、そんなのもまたよかったのかもしれません。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ランとふぅ 世界を旅する!?  ふりふら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる