ふりふら

アクセスカウンタ

zoom RSS 元谷中ノ島付近散策(雪崩跡の観察)

<<   作成日時 : 2017/04/24 20:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0




中宝珠越へ出てきて、そのまま反対側、元谷へ下降する。

「崩落がひどく下降困難」


右下に古い道標発見。


「元谷」標記。

藪に紛れてるのか、よくわからなかったが、地図にはないので廃道のようだ。


ここらへん、一段落ちていて、雪の際はシュルンドになってるのでかわすのが難しい。

飛び越えると下手すれば雪渓の下、夏までさようならーとなるかもしれない。

落石の側へ慎重に移って、踏み抜かないように体重を分散しながら、四つん這いで降りた。

わかってれば最初からロープ使うとこ。


雪崩跡を観察する。

奥の沢は弥山沢。


存在感ありすぎ大屏風岩。


中ノ島から見る大ガレ、剣ヶ峰沢。


廻りこんで、横からの大屏風岩。


天狗沢・元谷沢、墓場尾根。


長いデブリが沢から幾筋も。


生々しさに畏怖を感じる。


一筋の痕跡を追っていくと、1.5Mほどの大きな石だった。

こんなでかいのが飛んでいったわけだ。凄いとしか言いようがない!


元谷小屋付近にまで届く長ーいデブリは弥山沢から。


午後は青空が広がった。

暖かくて、人の気配がなく静か。堰堤上で装備をはずして乾かしながら寝転がった。

気持ちいい時間でした。

もう春です。山はしばらくお休み〜。












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
元谷中ノ島付近散策(雪崩跡の観察) ふりふら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる