ふりふら

アクセスカウンタ

zoom RSS 大山南壁 雪の一ノ沢探訪

<<   作成日時 : 2017/03/20 19:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0




桝水〜一ノ沢を歩いてきました。

メンバー サンポさん、すなぞうさん。


午前中は雲の流れが速く、光と影のコントラストが風景をどんどん変えていきました。

ついつい見惚れて歩みが止まってしまいます。



ゴールがあるわけじゃないから、気が向く方へぼちぼちと。




ふだんわかん使用のお2人に、スノーシューを使ってもらいました。

爪の効き具合や、浮力からだいぶ行動範囲が広がるんじゃないかと思うのです。

なかなか感触がよかったらしく、ついつい・・・といったかんじで登りすぎてしまいました。

上だけ見てる分にはまだまだ行けたかもしれません。

けど傾斜がきつくなってトラバースでももう滑りそうです。

スノーシューではうろつける場所ではなくなってきました。



装備を変えるために平坦な場所を目指しますが、こういう角度ではちょっとずれるというか、

平らに見えても実際はそんなことなくて地形もあんま読めないんですねえ。

まあまあのところで安全装備に変更。



このホイップを纏ったような尖塔も、廻りこめばテラス状とか想像してたら、

このようなナイフリッジができていたりします。



四つん這いで攀じ登ります。



こういう危ないの、お2人とも好きだったんですねー。




一ノ沢はとても広いのでここの風景は壮大でダイナミック。

人間入れて撮らないとなかなかその大きさが伝わりにくい。

このような岩稜はちょっとしたビルくらいあります。



雪がないと大ガレなので、とてもこの辺まで近寄れません。

いいとこに来れたなあ…


午後は無風で快晴。

陽に当たった南壁は眩しく輝いています。

ふり返るたびにすげーっ  と何回言ったでしょうか。




大満足な一日でした。

サンポさん、すなぞうさん、おつきあいいただいてありがとうございましたw









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
大山南壁 雪の一ノ沢探訪 ふりふら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる