ふりふら

アクセスカウンタ

zoom RSS スノーハイク 新庄毛無山〜西毛無山

<<   作成日時 : 2015/01/11 21:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0




今冬も、行っとかなきゃ〜の新庄毛無山(けなしがせん)へ。2015年一発目です。

天候は良、高気圧に覆われて風もないはず。気がかりは気温だけ。

こんな天気だからさぞたくさんの…と思ったら、意外にも駐車場一番乗りでした。

この日は白馬山経由のご夫婦と会っただけ。そのご主人に教わった旧登山道を登ってみました。



尾根ルートなので迷うところはありませんが、トレースについてくと

あやうく「ゆりかごの小径」へ行ってしまうとこでした。

旧道は沈み込みも少なく快適な歩行ですが、ちょっと重い雪質。

やはり気温高く、2枚でも汗をかく。風もないので暑チィ。

そんなこんなで、九合目避難小屋手前のブナ林の樹氷はまったく見られませんでした。



そのかわり素晴らしい青空が広がってるので、小屋はスルーして山頂へ向かいます。

今回もいつもの面子、K君とゆみさん。



毛無山への最後の登り。

出発地の田浪集落が見えています。



山頂手前、成長期のモンスターたち。それなりに見えてくるからおもしろい。



右手に三平山がえらくカッコよく見えます。

その右奥にうっすら見えるのが上蒜山ですが、ガスに覆われてよく見えない。大山は今日は無理か…。



と思いきや、「上すげーぞオイ!」



大山〜烏ヶ山はとてもクリアな眺望でした。

今日は大山だったかあとちょっと悔しくなってきそうな光景です。



K君と記念撮影してみました。



山頂は体感5mほどの風が吹きっさらしで、留まってると少々寒い。ちょっと汗冷え。

昼からおさまる予報ですがまだ治まりそうにないので、少し下った樹林の中で休憩しました。

木の間から見える西毛無への尾根がきれいです。



ここでも風に晒されて冷えたので、温まるまでアウターとダウンを着込んだまま再始動。

毛無山からは一旦120mほど下ります。

上からゆみさんが撮ってくれました。



スキー2本、わかん、ツボ足、前日のらしきトレースがあります。

短いけど広い尾根が馬の背のような場所、無垢な雪原でとてもきれいです。

これが見たかった風景。




凍てつくブナの木。

もう少し早ければ樹氷も残ってたかもしれない。



西毛無へ向けて登り返します。



モンスターなりかけの木がロボ系でしばらく見入った。トランスフォーマーとかそんなやつ。



振り返って見る毛無山もなかなか♪



景色を楽しみながらのんびり西毛無山へ。

樹氷の美しい尾根道だそうですが、今回は残念。それにしてもいい天気すぎた。




風がなくなり暑くなったので上着を脱ぐ。

雪庇が発達中。大きな塊が崩れてるところがいくつか見られました。



この先が西毛無山。



山頂は樹林の中です。見逃しそうな山名板が木に付けられていました。

ここも樹氷がきれいな場所のようです。



下山は次のピーク(1180)から支尾根を伝っていきましたが、

思ったところに出られずちょっと遠回り。

もうひとつ南の尾根を行けば「ゆりかごの小径」からキャンプ場へ出られたらしい。



やはり気温が高くて樹氷は見られませんでしたが、

毛無山〜西毛無山間は思った通りのすばらしい景色で新年一発目大満足の山行でした。



2015年もどうぞよろしくおつきあいください。



ヤマレコ





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
スノーハイク 新庄毛無山〜西毛無山 ふりふら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる