ふりふら

アクセスカウンタ

zoom RSS 伯耆大山 初冬

<<   作成日時 : 2014/12/17 19:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0




約1年ぶりに大山夏山道を登りました。

12月に入り荒れた日が続いていましたが、10日水曜日、この日だけ高気圧にすっぽり入るような予報。

なにより風がないのがいい。ここんとこの天気からして登るならこの日しかないみたい。

平日やのにK君も行けるという。彼はこの秋から山始めて、阿弥陀川の沢も入れると7回目の大山である。

そして今回初めての夏山道歩きとなります。(やっとか!

大山寺までは積雪・凍結なし。

南光河原の駐車場内は凍ってました。朝8時で15〜16台くらい。

雪山ブランクか、準備に30分ほどかかりました。


登山口からすでに雪、5〜10cm。

夏山道は延々登りですから、ゆっくりゆっくり、景色を楽しみながら歩いていきます。

久しぶりに見た雪の世界。


霧氷?というか着雪ですが、青空バックにきれいでした。


昨年初めて夏山道を登ってから、しんどいからイヤだと避けてきたゆみさん。

苦手意識からか、今年も調子悪そうでペース上がらず。

この日山頂で会った方ほぼ全員に抜かされたと思います。

三合目あたりでもう降りようかという感じもありましたが、アウター脱いで身軽になってから調子が出てきました。

風がないのは昼まで。午後になると風速10m以上ということなので、予定より遅い。

天気はいいので、早めに降りて元谷や南の環状道路でスノーシューでもよかったのですが、

結局山頂を目指します。


六合目にて。ここでアイゼン装着。


七合目あたりから風が出てきて、時折、巻き上げるような突風が襲ってきます。

空はずっと青空、空気は自分が来たなかでは一番クリアでした。

米子市街や弓ヶ浜、中海、島根半島まではっきり見えました。

この柱は草鳴社ケルンです。


美しい北壁。


八合目からは木道。標高は1600m付近。

新雪はさらさらでも湿雪でもなくいい具合なので、アイゼンなしで山頂へ向かわれる方もいました。


キャラボク帯も雪に覆われましたね。


雪原となった頂上台地、真っ白!広い!

吹っ飛ばされそうになりながらも、この道を歩いてる時間がほんとうにしあわせw

こっからは写真だけ。









山頂避難小屋。

これから屋根まで埋もれていくそうです。


だいぶ大きくなった山頂碑。


しんどかったゆみさん、登ってみればやっぱ来てよかったと。

K君も初めてのアイゼン&雪山歩きに苦労したようですが、祝 登頂!




三角点から剣ヶ峰、槍尾根の稜線。

絶景www





やっと雪山シーズン突入。

と、思いきや、日本列島大寒波に爆弾低気圧。

みなさまお気をつけて。




ヤマレコ






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
伯耆大山 初冬 ふりふら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる