ふりふら

アクセスカウンタ

zoom RSS 雪化粧大山(一の沢〜二の沢探訪)A

<<   作成日時 : 2014/11/21 21:48   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0




一の沢から二の沢へ。

雪を被った主稜線が見えてきます。


午後になって陽が射す場面も。


壊れたと思ったカメラ動いてる、助かった。

こんな絶景前にして写真撮れんとかほんとないわー。


三度のヤブ漕ぎを経て二の沢へ降下。

すぐに最奥のチョックストーンが見えてきました。


右の尾根を伝っていけばもう少し上がれそうだななんて企んでみる。


陽が西に傾いてきたようで、一の沢側タケノコ岩の雰囲気がまた違って見えます。


南壁バックに記念写真。


かっちゃん氏、かっこいい(笑


容易でなかった山歩きで時間が遅くなったので、右俣の大ゴルジュはパス。

二の沢を降ります。

が、雲の動きが速く、何度もその美しい姿を見せてくれるので、振り返っちゃあ眺めて、の繰り返し。

ちっとも帰れません。

なんか、特別だなあ大山。


ごめんなさい、かっちゃん氏。もう少ししんどいとこあった(汗


途中で大きく見えだした槍尾根。

東側だからか雪の付き方が特に多い気がします。


環状道路から見る大山。右奥が剣ヶ峰。


一の沢から弥山へ行くルートがわかった気がする。

また山へ行けたら次回はここかな。







ヤマレコ

※ このルート行かれる方は二の沢起点がわかりやすくておすすめです。

尾根の下降は20mのお助けロープで十分です。






かっちゃんお疲れ〜。ふつうに歩けるとこがほとんどなくて…ほんますみません。



とか思ってたら、

数日後

石鎚山登ってた!



なんだ、歩き足りんかったんじゃないかー!



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
雪化粧大山(一の沢〜二の沢探訪)A ふりふら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる