ふりふら

アクセスカウンタ

zoom RSS 山乗渓谷不動滝の氷柱

<<   作成日時 : 2014/02/18 18:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


画像


山乗渓谷は沢を歩きに夏場に何度か訪れています。

先日、TVで蒜山ツアーデスクさんのスノーシューツアーが取り上げられたそうで、

番組を見たかっちゃん氏もなかなか良さそうだということで早速行ってきました。


気温低く、時折吹雪いたりと厳しいコンディションでした。

駐車場で準備していると、ツアーデスクさんの一行がやって来られました。この日もツアー開催のようです。

不動滝への情報をいただきありがとうございます。


落石のため通行禁止のバリケードがあります。ここから先は自己責任、慎重に進みます。

新雪が積もっていてトレースなし。この時期は来る人はいないでしょうね。

不動滝への遊歩道は鉄製の橋が架けられています。

たっぷりの雪でした。

画像
画像


スノーシューで踏み固めながらゆっくり前進。

画像


雪の量も大幅に増えていき、橋の手すりもちょっと怪しい。

一時撤退。

画像
画像



林道へ出て、沢歩きの時の入渓点の様子を見に行ってみる。

ツアーの一行のトレースを申し訳なくお借りしました。

画像


谷ですがなかなか厳しい冬のようです。

風の通り道になってるのでしょう。

画像



入渓点まで行ってみましたが、ここから滝群まではもうしばらくありそうです。

風や雪のこともありここで引き返しました。

せっかくだからがんばって不動滝だけは見に行こうともう一度チャレンジ。

今度はスノーシューをはずして。

画像


ゆみさんがはりきって先頭を行く。

画像


が、雪は深く、ラッセルなのか、もがいてるのか。
画像


悶絶中(笑

画像


不動滝が近づいてくるとゴルジュとなって壁に囲まれる。

画像


幾筋もの氷柱群、圧巻でした。

画像


長いものは2mほどに成長中。

画像


なんとか無事不動滝へ到着。TOP写真が不動滝、二条になってます。


山乗渓谷は水量多く、不動滝が氷瀑になることはなさそう。

上流に続く滝群の中には、流れの少ない部分で名もなき氷瀑が存在してるかもしれません。

なかなか自分で見つけるのは難しそう。ツアーデスクさんにお願いするのもよいかもね。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
山乗渓谷不動滝の氷柱 ふりふら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる