ふりふら

アクセスカウンタ

zoom RSS 残雪少々 下蒜山

<<   作成日時 : 2013/04/25 22:45   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


画像


天気の良かった月曜日、2人で下蒜山へ行ってきました。

暖かい日がしばらく続いて、伯耆大山でも10℃くらいまで上がる日もあったようです。

下蒜山、雪なんて残ってないわと頭の中で思い込んでたかも。

米子道から見た蒜山三座は予想外に白かった。そういえばここ数日は寒かったナ。

いつもながら急に思い立って動くので、忘れ物だらけ。

ポール忘れた。ま、これはいいとして、カッパのパンツにスパッツ忘れた。

アイゼンは持ってきてるのになんで…?泥んこ必至です。



三合目付近、まだ快適な山歩き。クマよけにホイッスル鳴らしたりしながら。

風はひんやり冷たいですが、春の陽射しで汗ばみます。
画像


わりと傾斜がきついので、ちょっと登れば五合目というかんじ。

雲居平から九合目。やわらかな山景に残雪の下蒜山は険しく見えます。
画像


もたもたしてると、ゆみさんはどんどん先へ行ってしまいます。

身体が温まると攻めてくタイプに変身してしまいます。
画像
画像


七合目を過ぎるとここからは急登。

雪はいいんですが、ルート上は融けた雪が小川となって流れています。

足元は泥んこ、靴キッタネ〜。
画像


つづら折れの道を登ったところから振り返る。きれいな山。

雲居平は別名「乙女平」、この美しい風景を女性に擬えてるということでしょうか。
画像


また振り返れば、九合目への急登ですが、ゆみさんはじゃんじゃん登っていく。

こういうとこでは前向きなひとだ。
画像


登れる?と聞くと登れると言う。

じゃ降りれるかと聞くと怖いけど降りれると。

これ降りるのって若干沢下りチック、すでに膝下はびしょびしょです。


さっきまで見えてた鎖がいつのまにか見当たらないので探してみたら、

岩場から少し離れたあたりに雪で埋もれています。

真ん中の鎖の打ち込みは抜けてしまっています。

2人で鎖掴んでたら危ないし、打ち込みの抜けてる鎖は大きく振れるのかな。

登れそうだし降りられそうだけど、落ちた時に助けられんな・・・と思い、ここで引き返すことにしました。

私の方は春の雲居平を見れたのでかなり満足。

ゆみさんは山頂行けないのは悔しいらしい。ピークハンターだったか。


というわけで、下蒜山はちょっと怖かったんで撤退です。

緑のきれいな時期か、紅葉の季節にまた訪れたい山です。


ひさしぶりに湯原湖の様子を見ながら帰路につきました。

水少ないけど、透明度は高かった。また漕ぎに来よう!













テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
残雪少々 下蒜山 ふりふら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる