ふりふら

アクセスカウンタ

zoom RSS 成羽天神山 観音滝ルートから

<<   作成日時 : 2013/01/17 21:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


画像


高梁市 成羽天神山(777m)です。


観音滝から少し戻り、六角堂北側に登山口がありました。

裏ルートっぽいですね、怪しげ。
画像


入口付近のヤブはすぐにすっきりした山道になりましたが、いきなりかなり急登。

汗をかかないようにと思いつつも、すでに汗だくです。
画像



そして今度はは灌木の枝に棘の道。

顔面を守りながら歩くため写真なし。



所々に赤テープがあって助かりましたが、ルートを見失いそうな場所多数。

RFしながら進みます。

ここ道なんか?と不安になるような崖伝いの箇所も出てきます。

GPSを確認してみると、まずは679mピークを目指すわけですが尾根に沿って歩けばよいので

悩む必要もありませんでした,、あはは。



尾根道に出るとさらに急登となり、岩や根っこを掴みながらの歩行です。

インナーの中に小枝や枯葉が入ってきたりで、ストレスもたまる。

積もった落ち葉で何度もずり落ちました。ただでさえミニマムな体力をかなり消耗してしまいました。



ですが、必死に登ってるのがまたおもしろいんですねぇ。自分がんばってるって気がします。

日常生活では全力出して生きてませんし。


そんなかんじで679mピークに着いたのですが、展望はいまいちでした。

この辺りから少し雪が残っていたので少しテンション↑



その後こじんまりした馬の背部分を越えて、またもやルートを見失いました。

というか、通れるとこある?



右往左往してるうちに、天神山名物の『潜り岩』を見つけました。
画像


ネットで紹介されてるのを見てはいましたが、まさかこんなところにあるとは!?

意外に小さくて、かがんで通リ抜けられるというほどの大きさです。

画像


『潜り岩』を抜けた後は小キレットが続いてそうなのはなんとなくわかるのですが、

その前には降りられそうにない崖。

ほかにルートと思われるところが見当たらない。

GPSではそれほど高低差がないようなんだけど。


女性陣に崖行けそうか尋ねるとキビシイとのことだったので、しゃーない、一度戻って下から攻めることにしよう。


『潜り岩』の下で、どうすんだコレ?とか思って笑う面々。
画像


この『潜り岩』の場所はこんなとこです。
画像



そういうわけで、一度尾根筋を降りてから、細尾根をよじ登りました。

若干危ない場面もありましたが、無事です。


あとで確認したところ、『潜り岩』を南側へ抜けた後は、十数m岩場を降りていくルートのようです。

イチかバチかの危険は冒せないので今回は迂回しましたが、

行けるとわかってれば岩場を降りる方が安全かもしれません。


さて、冷や冷やした後ですがもう1コ崖が待っています。30mくらいでしょうか。

目の前の岩に集中してれば大丈夫だけど、
画像


クライマーではないので、こんなとこにいると思うとやっぱ怖いです。
画像


なんとか2つの崖を突破、登りきったところ、


・・・・・・!?

あれ?ココが『鈴振崖』だったか・・・
画像


柵の外側から到着してしまいました・・・。 

なんか悪いことしてるような気にもなりますが、一応観音滝ルートということで登山道ですから。


ここまでの急登、灌木の枝、棘道、落ち葉の滑る足元、迷子と五重苦の登りは

自分らにとっては過酷なものでした。

この方、枝ごと登ってきたようです(笑
画像



『鈴振崖』からの展望、南側。
画像


向かいの『明星崖』。 霞んでいて大山は見えず。
画像


見えてる山がどの山かわかればいいのですが、この日登ってる天神山ですらよくわからないレベルです。

せめて過去登った山くらいはわかるようになりたい。


この見晴らし台でおそい山飯をとって、下山します。

天神山山頂は眺望なしのようなのでパスしました。

画像


小さな天満神社と大きなイヌシデの木。屋根にかかる枝が切ってありました、台風で折れたか。
画像


神社のあたりは雪も残っていて氷もぶ厚い、ここは陽射しが届かないのでしょう。



帰りのルートは中国自然歩道コースです。

標高差500mをほぼ階段ということで、登りは避けて帰りに楽をしようという魂胆。

ですが、この階段も結構堪えました、足ガクガクです。



七合目あたり?

天神山は、こういった応援型の位置表示がいっぱいで心がなごみますね。
画像


中国自然歩道の登山道は崖と巨岩を見ながら。

岩に張りつく木がよく目につきます。
画像


擬木の階段がずっと続きいていて、かなり整備された立派な登山道です。

けれど、落石崩落の跡がハンパないです。


おそらくこの階段の傍らは沢だと思いますが、落石で荒れたガレ場のようになってました。
画像
画像


岩壁から抜け落ちたような大岩も。
画像


台風による大雨なのかわかりませんが、自然の力を思い知る道でした。



滝ルートはかなりきつく、おもしろい。

積もった落ち葉にはまいりますが、視界がある分まだましでしょうか。

木が生茂ってたらと思うと、季節的には今がいい時期なのかも。




https://maps.google.com/maps/ms?msa=0&msid=209131762043345245650.0004d33e056284c1cb89b

画像




総距離: 6.86km(4.3マイル)
合計時間: 6:38:02
移動時間: 4:27:02
平均速度: 1.03km/時(0.6マイル/時)
平均移動速度: 1.54km/時(1.0マイル/時)
最高速度: 7.32km/時(4.5マイル/時)
平均ペース: 58.01分/km(93.4分/マイル)
平均移動ペース: 38.92分/km(62.6分/マイル)
最速ペース: 8.20分/km(13.2分/マイル)
最大標高: 760m(2494フィート)
最小標高: 234m(768フィート)
標高の上昇: 550m(1806フィート)
最大傾斜: 39 %
最小傾斜: -31 %
記録: 2013/01/12 10:30



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
成羽天神山 観音滝ルートから ふりふら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる